メンテナンスの様子♪

CATEGORY:

皆さま、こんにちは!

ガラススタジオでは吹きガラス体験を、10月1日(月)まで休止しています。

その間に熔解炉のメンテナンスを行い、現在は熔解炉の熱を上げているところです。

 

そもそも、熔解炉のメンテナンスとは どんな事をするのでしょうか?

動かしていた熔解炉の電源を落とすところまでの作業工程をご紹介します。

 

 

熔解炉の電源を落とす前にする事は、

まず、中に残っているガラスを全て外に出すところから始まります。

1270℃の熱を持っているガラスを、鉄のスコップの様な「レードル」で

掻き出し、水を張ったバケツの中に入れます。

2018fb0901

この掻き出したガラスは、また熔かして使えるのでとっておきます。

バケツの水は直ぐ熱湯になるので、別に用意したバケツの水を足したり、

中の水を取り替えたりしながら、ガラスを冷ましていきます。

 

2018fb0902
全部終わったら電源を落とし、熱いうちに熔解炉の扉を開けて終了です。
2018fb0903
 それ以降の作業も沢山ありますが、今回は火を落とす作業のほんの一部をご紹介させていただきました!

定休日を挟み、10月4日(木)から吹きガラス体験を再開致しますので、

ぜひ遊びに来てくださいね!

 

 

【吹きガラス体験】

会員様:  ¥3,000~〈税別〉

ビジター様:¥3,500~〈税別〉

※作品のお渡しは1週間後以降になります。

ガラススタッフ一同


トップに戻る