うつわ制作過程〈パスタ皿編〉

CATEGORY:

高い天井の工房でふと目を上げると、大きな窓の額縁に青々した芝生と風に揺れるフェニックス、向かいの山が借景に・・・
時折通るヨットや漁船がその絵画に動きを与えてくれます。

 

 

風工房のレストランvent e il leone のパスタのうつわを制作。
先ずは寸法、形の要望を聞き、制作の開始。

 

陶芸の釉薬(うわぐすり)はガラスの原料と同じで、灰や長石、珪石などを合わせ、色を出す為の金属類を調合した物です。
1230度という高温で焼かれるため、釉薬がけの準備では、底面に掛からないように蝋の一種の撥水剤で下準備をします。

 

 

焼き上がりの作品を、レストランと打ち合わせ、また次のうつわのために参考にしながら、制作は続きます。

うつわも料理も最高の状態でお客様にご提供できますように。
これが風工房のおもてなしです。

 

 

 

 

陶芸スタッフ 井上惠介


トップに戻る